笑う暮らし

ライフオーガナイズ+笑い=生きるチカラ

これも課題のうちか

愛知県江南市のライフオーガナイザー🄬花村久美子です。

梅雨の晴れ間、長女は運動会のかわりの半日授業、長男は夫と公園、次男は寝返りをうつのにくたびれたのか、眠りこけています。

今のうちに!

 

思考の整理から始めるおかたづけ、ライフオーガナイズの中でも、長らくかたづけられない状態について学ぶ講座を受講しはじめました。

必要な資料をプリントしたり、課題図書を購入したり、気づけば紙の量が一気にどどんと増えました。

f:id:hanamurakumiko:20210522084606j:plain

ほんの一部

わあああ、大学のころを思い出すなあ。

当時プリントといえば「穴をあけてファイルに綴じる」としか頭になく、綴じたら綴じたで「下のほうに綴じちゃったプリントを出したくて苦労」とか、「この資料はコレとコレの間にはさみたい苦労」とか、苦労していました。

それを苦労と思っていなかった自分。勉強する前に消費される時間。

ストレスって、気づくと気づかないじゃ生み出される時間に大きな差がでますね。

 

それはそうと、プリントしたものを、とりあえずセクションごとにまとめました。

でもこれだと、どこにどの資料があるのかわかりません。

使うのはもちろんわたしだけ。

必要な資料の出し入れがわたしにとってスムーズにいく収納はどんなものか。

せっかくの機会なのでいろいろ試してみるのも勉強かと思い、これから考えていきたいと思っています。

 

なんか長男が虫をいろいろゲットしてきたので、これにて。

お読みくださりありがとうございました。